各社で異なるロードサービス

ほとんどの自動車保険にはロードサービスが原則で付帯されていますので、よくあるバッテリー上がりやキーの閉じこみ、パンクによるタイヤ交換などのトラブル発生時に必要なものはほぼ揃っていると言えますが、まさかの時になるべく少ない負担で使えるかどうかを細かく見ていくと、保険会社によって補償内容がかなり異なります。大きく差が出るのが「ガス欠時の燃料代」と「車両レッカー移動」です。燃料代はガス欠救援時の燃料代にあたりますが、救援給油作業は無料でもガソリンは実費請求される、高速道路上なら作業代もガソリン代も無料、2年目以降は作業も燃料も無料など、各社異なります。レッカー移動は故障・事故の対象車両を指定修理工場までレッカー移動する無料サービスですが、利用できる移動距離が決められており、短いところで30kmから長いところで500kmと、各社でかなりの差があります。

ロードサービスで選んでも良い

燃料代やレッカー移動の他にも、運転者や同乗者の宿泊費、移動交通費、タクシー利用代などが必要になるケースがありますが、そもそもサービス自体の付帯がない、もしくは有料オプションとして付帯できる会社もあります。特に出張や旅行で遠出をする機会が多い場合、万が一事故や故障などで車が使用できなくなり移動距離が長くなればそれだけ諸々かかる自己負担額が大きくなりますし、ロードサービスを使用しても保険の等級が下がることはありませんので、補償内容を充実させておくに越したことはありません。 また、民間ロードサービス会社の会員のみレッカー移動が可能になるなど、サービスを併用することで、より充実した補償を受けられる制度を設けている会社もあります。保険料や補償内容が同じ程度で、どこの会社にするか?と迷っているという場合は、ロードサービスの補償内容で選んでも良いと言えるでしょう。