保険の見直しのタイミングは?

民間の自動車保険は、契約の開始期日時点で、主にその車を運転する方の免許がゴールド免許の場合に保険料が割り引かれます。これが、ゴールド免許割引です。契約者の免許の色は関係ありません。割引率は、保険会社によって違うため確認が必要です。保険期間中に、ゴールド免許になったとしても、途中からは、割引は適用になりません。 そこで、保険の見直しのタイミングは、主に運転する人に変更があった時や走行距離が少なくなったとき、そしてゴールド免許を取得したときが考えられるでしょう。運転する人の状況も保険の内容もその都度変化していきます。更新ごとに上記の見直しポイント等を考慮して見直すとよりよい保険に変えられたり、保険料を抑えられたりする可能性があるので、その際には考えてみるのもいいと思います。

保険を選ぶ際のポイントは?

自動車保険を選ぶ際には、価格だけではなく補償内容を確かめてよりよい選択をすることが良いと思います。補償内容ですが、主に次の内容になると思います。まず、他人のための補償で、これは対人対物の補償保険です。次に、自分のための(けが等)補償で、搭乗者傷害保険・自損事故障害特約などです。この2点は、補償金額や内容が十分かどうかをしっかり検討することが必要です。 ほかにも、車自体の補償が挙げられます。これは、車両保険・代車費用担保特約などですが、これも自分の車の価値を考慮して、十分な補償が受けられるように考えたいです。そして、その他の補償として弁護士費用特約・生活賠償責任担保特約などがあり、これもご自分の身を守るために十分な内容になるように、具体例を確認しながら決めるとよいと思います。