できるだけ安い保険に入りたいとき

自動車保険に入る目的としてはまずは十分な補償を受けるためがあるでしょう。自賠責では足りない部分もあるので、それを補填するためにも必要になります。自賠責の補填のみが目的ならできるだけ保険料を安くしたいと考えるかもしれません。安く保険を利用する方法としては更新のタイミングで保険を見直すのが良いと言えるでしょう。各損保会社の補償内容や保険料は毎年のように見直され、最も安い保険料の損保会社も毎年のように変わります。ある年に最も安かったからと言って次の年にも最安と限らないので、改めて最安の保険料を提示する損保会社を探してみると良いでしょう。更新直前に探すのは大変なので、更新の数か月前から情報を集めておくとスムーズに見直しができます。

1年無事故であれば割引率がアップ

自動車保険の仕組みとしてノンフリート等級制があります。もし1年間自動車保険から保険金を受けなければその次の年の保険料が優遇される仕組みで、これによって事故の抑止力にもなっているようです。自動車保険を見直すタイミングには自動車を乗り換えるときや利用する家族の構成が変わるときなどもありますが、前の更新から1年経過していないと新たな等級にはならず更新時から1年は同じ保険料になってしまいます。そこで見直しのタイミングとしては毎年更新時にすれば効率よく保険料を下げられるでしょう。ノンフリート等級制は損保会社が変更するとリセットすると考えている人もいますが実際は引き継がれます。ただ損保会社によっては独自の割引制度があり、そちらは新たな損保会社には引き継がれません。